満月の夜 母と…
週末に母と過ごし始めて3年半

母は88才になった

過ごし始めた時は、今まで出来ていた事が出来なくなっていたり、同じ話しを何回も繰り返して言ったり、私が正論だと思っている事を主張しても反発して来たり、私の言っている事が理解出来なかったり…
苛つく事が多くて、どう対応しょうか…と悩んだ末、彼女の言っている事を全面的に受け入れる事にした
まずは、「そうだね」と同意する。同意出来ない時は「そうなんだ。お母さんは、そう思うんだね。」どうしても同意出来なくて、これだけは伝えたいと思う事のみ、「そうなんだね。お母さんは、そう思うんだね。 私はね、○○こう思うんだよ」と伝えて従わせようとしない事にしてみた。
苛つく感情と葛藤しながらも、やって行くうちに、段々このコミュニケーションのやり方に慣れて来た。

これは…ヒーリングを学び始めた子育ての時と一緒だ

子育てでは悪癖を改善する事が出来た

今度は、母親に対する悪癖を手放す学びになりました。

彼女を受け入れる事により、半年位で病院へ行かなくなり、毎週日帰り温泉へ行くようになりました。温泉は身体が暖まり、痛みも緩和され、そこでの食事が粗食で肉や魚・卵・乳製品などを使って無いので、それも身体には良いみたいでした。

そして、少しづつ、私の言う事も受け入れてくれるようになっていきました。

ところが、先日の満月の夜、あまりにもお金ね事を言うので、久し振りに怒鳴ってしまい…
でも、母は、私が何を怒っているのか理解が出来ず…、今までのパターンだと、母が口をきかなくなって終るのですが、今回は、「今日は、お風呂楽しかったね~。」と言って来たのです。
すぐに忘れてしまうのも、良い事です

私は嬉しくて「お母さん、ありがとう~。今までだと、口きかなくなっちゃったよね。すごいね~。ありがとう~。」と伝えて、母も「あなたのお陰だよ~。あなたが言ってくれたから…、これからは、可愛いおばあちゃんになるからね」
と宣言してくれました

満月の夜に怒りの感情が浄化され、さらに二人の仲が深まり、信頼の絆が強くなった。
ステージが変わった、素晴らしい日

満月の3日後の月が一番綺麗だ…って友人が言っていた、今年の誕生日は、満月の3日後

そんな事でも幸せと感じる

スポンサーサイト
10/25. 16:59 [ 未分類 ] . TB0 . TOP ▲
田貫湖



 6月から県の「環境学習指導員」の資格を取るために毎月2回位、静岡に通っている

今月は実際に体験プログラムを作る為の講座が有り、田貫湖自然塾へ行ってきた

朝6時5分の日の出に間に合うように、早起きして湖畔へ・・・

雲が厚くて、日の出は見えなかったけど、山の頂上付近が明るくなって

湖にも富士山が映って、逆さ富士と言うそうです。

しばらくして、太陽が湖に反射して、とっても綺麗だった