天使のお茶会
マヤ暦の新年が満月で始まった。

去年、好評だったので、今年も南伊豆で蓮の花を観たり、

竹炭広場でクリボウ演奏の計画を企画したが…

どうした事か参加が無く、竹炭広場の山本剛さんが熱中症になりダウしていて、

予約はキャンセルしているので、丁度良かったと感謝された。

私の周りの方達は、最近、直感冴えまくりです(笑)


そこで、今年はパートナーのスンニャさんと

二人で過ごす事になりました。

蓮の花見は、数年前、

私達の出会いのきっかけになった事なので、

二人きりでのお出掛けは、けっこう嬉しい

まずは、南伊豆の山本賢二さん宅へ、今年も蓮が綺麗に咲いていました。



賢二さんは陶芸もされていて、釜は富士山をイメージしているそうです。

水差しは夏なので、透かしの物を用意して下さいました。




そして、去年同様に賢二さんが、袴でお迎えしてくれました

 茶碗の柄が三島暦に似ているので

 「三島で」と呼ばれる三島での平茶碗を出して下さって


私は三島暦の会員なので、嬉しくて、

思わず茶碗の話しに花が咲きました。

今年は、私達だけなので、濃い茶もたててくれました。

もちろん薄茶も頂きました。


  スンニャさんが二日前に、

 テレビでベトナムの王宮に伝わる「蓮花茶」

 と言うのを見たとの事でした。

 作り方は、少し開きかけた蓮のツボミの中に茶葉を入れて、

 縛って一昼夜置くと、茶葉に蓮の香りが移り、

 とても優雅な香りの茶葉になるとの事でした

 今回、賢二さんに無理を聞いて頂いて、ツボミを5本分けて頂き、

 切ってすぐその場で、茶葉を作って持ち帰りました。

 見事に、ほんのりと蓮の香りのする茶葉が出来ました!!

 賢二さん、蓮ツボミありがとうございました。


 賢二さん宅から

 河津の栖足寺さんへ行きました。

 6月に行なった「チェルノブイリ・

 チャリティ講演会」にご住職様が帰一寺さんに来て下さって、

 お礼がてらお邪魔させて頂きました


 ここは、カッパ寺として有名です。

 ご住職様の修行時代の事、

 ゴルフ場建設に反対された事、

 黒沢明監督の「夢」の事、などなど色々なお話しを伺い、


 お寺に伝わるカッパから頂いたと言う

 「カッパの壷」も見せて頂きました。

 耳を近付けると、サラサラと川の水が流れているような音がしました。

 不思議な壷でした。















スポンサーサイト


07/29. 14:10 [ 未分類 ] . TB0 . TOP ▲
  
トラックバック
トラックバックURL
→http://wagen.blog86.fc2.com/tb.php/151-cd7b3925
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)