スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画「10万年後の安全」
今週中にも浜岡原発が停止する。

安全が証明されたら、また稼働するのか・・・?

高レベル放射能廃棄物はどうするのか・・・?

原子力発電所から排出される高レベル放射性廃棄物が無害になるまでの期間は10万年。

使用済み燃料、原発のゴミの処理も決まらないまま、

原発はスタートしてしまった。

世界中の原子力発電所が抱えている問題です。

この映画は、放射性廃棄物問題を正面から描いたドキュメンタリー

「100、000年後の安全」  マイケル・マドセン監督


動画 予告編 http://www.youtube.com/watch?v=BYl7_dkRNSU 

私はまだ観ていないけど

連日満員の人気となっているとの事。

16日からは全国で拡大公開が順次始まり、6月までに19館で上映が予定。

原子力問題への関心の高まっている表れです。

 この作品は、フィンランドが建設している

世界初の放射性廃棄物の最終処分場「オンカロ」が題材。

危険性が10万年続くといわれる高レベル放射性廃棄物を、

地中深くの堅い岩盤内に埋め込んでしまう計画だ。

スポンサーサイト


  
トラックバック
トラックバックURL
→http://wagen.blog86.fc2.com/tb.php/201-5561f602
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。