北茨城慰問ライブツアー
北茨城で「金スマのひとり農業」のサポートをしている岸さんとパートナーのスンニャさんが

20数年来の友人で、電話で「こちらも風評被害が大変で…」と聞き、

「じゃあ、ボランティアで、慰問コンサートに行きますよ!」との事で、 

 《LUNASUN》のライブツアーが決定した。


7月4日の夜~、葛飾の東江寺にお世話になり、

翌朝7時~お勤め、本堂で演奏、

ご住職様と奥様に聴いて頂いた

こちらはシュタイナー教育の幼稚園をされていて、

園舎も木造でお伽噺に出て来る家のような形をしている、庭にはツリーハウスも有る。

ここでも放射能の被害を受けていて、園庭の土を削ったり、砂を入れ替えたりしていた。

削った土や、取り除いた砂は何処に行ったのですか?

と尋ねてみたけど業者に任せたので、行き先は不明…との事

9時頃~お母様達と一緒に園児達が登園して来た、再び本堂で演奏しながらお出迎えです。

10時頃~園舎でも演奏、楽器に合わせて、動物の声を真似たり、跳ねたり、

短時間ですが、素敵な時間を過ごしました。

11時頃、東江寺を出発して北茨城へ…

今晩の演奏場所、大子町へ行く前に、

ちょっと袋田の滝へ寄り道。

滝へ着いた途端に大雨が降ってきた。

お土産物屋さんで傘を借りて滝見学へ…

エレベーターで滝の上方まで昇り見る事が出来た。

昔に比べると水量が少なくなってしまったようだ…

雨もちょうど上がり、帰路は、つり橋コースで。

先ほどの大雨で綺麗に洗われた木々や岩が美しい、地面から靄が上がっている。

「ゆばの里」にて早めの夕食を頂き、社会福祉会館へ

震災での慰霊を兼ねての慰問ライブ

スンニャさんのパーリ語の詠唱からスタートです。

クリスタルボウル、民族楽器の紹介をし演奏、一二三祝詞を唱え、

お客様、お一人、お一人をラフィングブッダのプラクティショナーボウルでヒーリング。

最後にサンスクリット語の般若心経を唱えて終わりました。


初日の晩は岸さん宅の隣にある

国長生活改善センターへ宿泊し、

翌朝、老人会の方達に演奏を聞いて頂いた。



午後からは大子町(だいごちょう)の艫(とも)神社

  宮司様の奥様が玄米菜食の私達の為に、色々と工夫して、

  昼食の支度をして待っていて下さった

  黒糖で作った梅ジュースは、とても優しい味でした。

とても気の良い神社でした。 

  演奏後、お茶を飲みながらの交流会も、お一人づつ感想を聞かせて頂けて、

  勉強になり嬉しかった!!

  夜は「里見野外活動センター」

  18時~1品持ち寄り、マクロビ系の夕食会でスタート 

  黒豆入り玄米おむすびが美味しかった!!

  平日の夜なのに、小さいお子さん連れのお母さん達も数名来て下さって、

  畳の大広間での演奏会だったので、子ども達も大人も寝ころんで

  聞いて頂きました。 終了後は、カードヒーリングもさせて頂き、

  今晩は、テントにお泊まり

  翌朝も、自分で作った天然酵母のパンを頂きました。プロ並みの味、最高です!!

  放射能に対する不安とか・・・色々話せて

  深い交流も出来て、すごーく嬉しかった

  笠間へ行く前に、里見でのリーダー神永さんの友人宮崎さん宅で、

  小豆入り玄米の昼食を頂く、1件の家を4人でシェアして住んでいる、心優しい方でした。

  以前は神永さんと一緒にパンを作っていたそうですが、震災で窯が壊れて

  パンが作れなくなってしまったそうです。


笠間芸術の森公園・工芸の丘では、

   人数が少なかったので、深いヒーリングで、

   コンサートと言うよりワークショップのようでした。

 こちらも、 震災で窯が壊れて、今は、使えなくなってしまったそうです。


   夜は、大洗の磯前神社

  とても大きな神社で、神社の総代の小松崎さんと

  大山さんがリーダーになって下さいました。

  演奏の前に、私達演奏者とお客様と一緒に

  お祓いをして頂きました。

  薬師如来様が御本尊様なので、パーリ語やサンスクリット語の詠唱も

  オッケーでした!すごい・・・!!

  翌朝、雨・・・

  常陸大宮市の緒川小学校へ着く頃には上がった

  東京へ行っていた 「ひとり農業の渡辺君」も帰ってきて、小学校へも撮影に来てくれた。

  実は、渡辺君は、伊東南中出身で、アヤチャンの先輩だった。オドロキ!!

  演奏を聞いている小学生達の反応が凄く良い!!

  オカリナの宗次郎さんは、ここの校歌を作ったそうです。

  「震災で怖い思いもしたけど、コンサートに来てくれて嬉しいです」との

  感想には、思わず涙ぐんでしまいました。

  震災で体育館の天井が崩れて使えないので、ランチルームでの演奏となった

  教頭先生も「体育館が使えたら、保護者の方達にも来て頂きたかった」とおっしゃていた。

  4泊5日のライブツアーも無事に終え、

  6日に生まれた女の子の孫に会うため、

  八王子経由で帰路へ

  途中で寄ったインターで、

  沈んで行く綺麗な夕日が見えた

  幸せな日々をありがとうございます

  



スポンサーサイト


  
トラックバック
トラックバックURL
→http://wagen.blog86.fc2.com/tb.php/214-05da22fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)