青森の旅 土偶さん~核燃
2014年10月24日(金)06:57 蠍座新月

伊豆多賀駅発 06:58 の電車でスタート 

新月になって直ぐに旅のスタートとは、導かれているようで、とても嬉しい

羽田空港 10:20発 80分で青森空港へ着 飛行機は早い!

空港でレンタカーを借る 

御案内して下さる無農薬林檎の渋谷さんと待ち合わせの夢野温泉(芝谷さん)へ

岩木山方面へ出発   曇っていましたが

 岩木山に掛かる光の柱が綺麗でした 

 渋谷さんの『無農薬林檎園』

 減農薬と無農薬では、林檎の出来かたが全然違うそうです

 ここまで来るのには、大変な御苦労があったそうです

 佐藤初女さんの『森のイスキア

 今回は、大勢のお客様が帰られた後で

 片付けも終わり、スタッフさん達が雑談をされてました

 初女さんには、お会い出来ませんでした・・・残念

 
 
  岩木山神社と巌鬼山(ガンキサン)神社に

  お参りをして夢野温泉へ戻りました


 御案内役を快諾して下さった渋谷さんへのお礼と

  夢野温泉での土偶さん達との再会に感謝して 
 
  クリスタルボウルの演奏をさせて頂きました

 夢野温泉の泉質は、とても優しく柔らかくて肌がツルツルします!!

 地元の方達が沢山入りに来ていました

  翌朝も、朝食前にお風呂を頂きました
 
 10月20日で露天風呂が終わっていましたが

 お風露からの景色も のどかでした

 「巌鬼山神社は音楽が大好きなんですよ、クリスタルボウルの音は、きっと 歓びますよ~」 

 と、芝谷さんがおっしゃって、

 それでは・・・明朝『巌鬼山神社でクリスタルボウルの奉納演奏』となりました





 あらためて、巌鬼山神社参拝・龍神様にも御挨拶をし
 
 本殿でクリスタルボウル演奏&パーリ語の御経奉納

 金木・斜陽館へ向かう途中  溜池の先からも岩木山が見えました


 太宰治の生家・斜陽館は、米蔵に至るまで日本三大美林のヒバを使った豪邸でした

 太宰が生まれた部屋も有り、13才まで過ごした家です。
 三鷹に住んでいたが

 戦火を逃れ、妻子と生家に身を寄せ

 戦後は、離れに暮らし1年3ヶ月あまりの間に23作品を執筆した『疎開の家』も見学しました

 文壇登場後の太宰の居宅として、唯一現存する邸宅だそうです

 現在は個人の所有で、 呉服店を営む父親が買取り、

 呉服の展覧や倉庫に使っていたそうですが

 2007年より公開しているそうです ガイドもしてくれます

 太宰がよくピクニックをしたという芦野公園で、

 渋谷さんの奥様が作って下さったお弁当を頂きました

 菊花の胡麻和えは、珍しくて美味しかった!東北は菊花の栽培でも有名なのだそうです。

 渋谷さんとお別れして、六ヶ所村へ移動

 道の駅浅虫温泉『ゆ~さ 浅虫』で休憩

 麻を蒸す事に温泉を使っていた事から

 麻蒸し→浅虫 になったようです    湾内『湯の島』に惹かれました

 『東北の熱海』・『青森の奥座敷』とも呼ばれ、太宰治ともゆかりがあったようです

 六ヶ所村『花とハーブの里』へ着いたのは17時頃

 日暮れと共に寝てしまうとおっしゃる菊川慶子さんが

 私達の到着を待ちわびていました

 暗くなる前に、ゲストハウスを案内していただき

 菊川さんの育てた野菜を使った玄米菜食の夕食を頂き、

 『老人福祉センター』の温泉に入りに行きました 村外者¥300安い!

 ここも、源泉かけ流し、しかも、かなり強い鉄臭 

 全夜同様、こちらもまた、素晴らしい泉質  今回、本当に温泉に恵まれています!!

 翌 10月26日 は 原子力の日 (my birthday)  旅・最終日

 原子力の日は、原子力に関する歴史的出来事を記念するために制定された記念日の一つ

『花とハーブの里』でクリスタルボウル&パーリ語の御経 

 天地を繋ぎ、冥界の、銀河の幸せを祈りました

 菊川さんと一緒に『原子力の日』を迎えられた事に感謝


六ヶ所村原燃 PRセンター見学  核燃再処理工場も見えました

数年前、パートナーさんは、村役場の前での核燃反対集会に参加したそうです



そして、旅の最後の予定地 『キリストの墓


キリストの墓    弟の墓    伝承館前のピラミッド

イスキリス・クリスマスはゴルゴダの丘で処刑されず、

弟のイスキリを身代わりにして日本に渡来して死に、その墓が「十来塚」である

このイスキリス・クリスマスがイエス・キリストであり「十来塚」が「イエス・キリストの墓」

であるという、竹内文書は多くの研究者から偽書と断定されているようです。

この後「古代史書研究会」が来村、戸来村の村名は、ヘブライに由来するとした

また日本において「桔梗紋」と言われるこの村の旧家に伝わる家紋は五角の形であり、

ユダヤのシンボル六芒星である「ダビデの星」と酷似しているとし

イスラエルの失われた十氏族やイエスとの関わりを指摘する説もある。

現在でも戸来小学校の校章はダビデの星と同じ形の籠目である。

また、戸来村では子供の額に健康祈願などの意味合いを込めて墨で黒い十字を書く風習があったという。

なんとも、ミステリアス・・・

十和田湖周りで青森空港へ


奥入瀬渓谷がマイカー乗り入れ禁止の通行止め  残念!!

くねくねと迂回路をまわる事になりましたが   紅葉を満喫して来ました

スポンサーサイト


10/28. 10:00 [ 未分類 ] . . TOP ▲