アラハバキ山
浜松市浜北区堀谷の集落入口にある アラハバキ山へ行って来ました

山と言っても 巨大なイワクラそのものが御神体となっています

イワクラの前に拝殿があります




 これでアラハバキ山

 と、読むのでしょう




 徳泉寺というお寺にも行ってみました

 ここには木喰五行作の11体の木喰仏がありました
 
 昭和45年12月23日 市指定有形文化財(彫刻)


 十王のうち、閻魔大王は高さが69cmあり

 他の九体は高さが約50から60cmあり

 材質は楠だそうです



 葬頭河婆は、三途の川の渡しで、

 死者の衣類を剥ぎその衣を領樹の枝にかけて

 罪の軽重をはかる老婆だそうですです



六所神社という鎮守様もありました

御祭神は伊弉諾命 伊弉册命 天照大神 蛭子命 月読命 素盞嗚命 です

江戸時代は「六所大明神」と呼んでいたそうです








スポンサーサイト


07/14. 14:35 [ 未分類 ] . . TOP ▲