スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


月食で満月の日
200902122308182009021223081620090212230814


  今回の満月は、雲が多くて、でも、な~んか神秘的で素敵な写真が撮れたので・・・

  先月は、日食で新月だったり、星の動きがおもしろい。

  最近変革と騒がれていますが、船井幸雄さんのHPの~ほおじろえいいち氏~コーナー
 
 に占星家術の研究家たちのおもしろい解釈が載っていたので紹介しますね。

  昨年の冬至の日、2008年12月21日を中心に興味深いことが起こっているそうです。

 山羊座に入ったばかりの太陽が、すでに山羊座に入った冥王星と、冬至の日に重なるという

 247年に1度しか起こらない現象だそうです。また今までは射手座にいた冥王星が、今後15

 年ほどは山羊座にとどまる『山羊座冥王星時代』が始まったということです。

  その意味は、「過去の価値観からは何の解決策も得られない」

 「今まで社会で1番と認められていたことも根底から履される」

 「既存の科学理論も崩れていく」  「私達の意識に変容が始まる」

 「冬至の後の90日は、すべての人が何らかの魂の変容、変身、浄化などを経験する」

 人々は、スピリチュアルなものや癒し、あるいは心のデトックスなどということに強い関心を

 向け始めている。物質万能、実利万能の価値観も、よりスピリチュアルのものを重視する

 価値観へと確実に変わって来ているのでしょう。

  これは1996年から始まった「海外・哲学・精神世界」などにスポットがあたるという

 『射手座冥王星時代』からの流れであるのかもしれません。

  私が最初にヒーリングを受けたのは、1996年でした。やはり星の位置が関係していたの

 かしら・・・あれから10余年、すっかり、流れにはまっています。



 
 
スポンサーサイト


02/09. 23:08 [ 未分類 ] CM1. TB0 . TOP ▲
  
コメント
1996年
1995年以降に生まれた子供たちには、魂の古い子供たちがたくさん生まれてきている
彼らはインディゴ・チルドレンと呼ばれている
と依然読んだことを思い出しました。

私の長男は、1995年生まれで、
その年は、神戸阪神淡路大震災で始まり、3月に地下鉄サリン事件があり、
それから一連のオウム騒動・・・
なんという年に生まれてきたんだろう、とわが子を観て思ったものでしたが
大きな転換のときに生まれてきた子だったんだな~と今思います。

---------- MOANA. URL│02/20. 15:33 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://wagen.blog86.fc2.com/tb.php/67-54202c50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。