『山羊座冥王星時代』 つづき・・・
 嵐が去ったと思ったら、初夏を思わせるようなバカ陽気、そして雪、池代は霰も降った

そして今日は雨・・・

 先週のイヴァ・ケリィさんでのセッションの時、由美さんに『山羊座冥王星』の話をしたら

「占星術では、冥王星は天蠍宮(さそり)の支配星なの、私蠍座なの」と由美さん

「え~!!私も蠍座だよー」   それで、冬至のキャンドル・ナイトが実現したのか・・・

と妙に納得してしまった。 その話をパートナーさんにしたら「冥王星はプルート冥界の使者・・・

魂を支配する・・・・などなど」

なんて聞いてしまったので、ちょいと調べてみました。

 山羊座は、占星術でいうと「社会における権力や権威」 「男性的な支配力」 「制限」 「限度」

「厳格」 「抑制」などを象徴するそうです。

 冥王星は「破壊と再生」 「根底からの覆し」 「極限へ向かう」 「異変」 「変容」 「死と生まれ

変わり」などの意味をもつ、極限を示し、原子力、エネルギーに当てはまるそうです。

また太陽は「自分自身」 「自我」 「行動」 だそうです。

 冥界をWkipediaで調べたら、プルートはローマ神話における死を司る、冥界を支配する神。

ギリシア神話のハーデースがローマ神話に取り入れられたもので、この名はギリシア語の

プルートーン(「富める者」の意)が転訛したもの。 冥王星の守護神とされる。

ちなみに核兵器や原子力発電所で利用されるプルトニウムの語源は、冥王星に因んで

命名された物であり、直接プルートには関係していないが、プルトニウムの毒性や核兵器材料

としての性質が冥界の王の名に相応しい物である事はまちがいない。


 ちなみに『冬至にやぎ座で太陽と冥王星が・・・』 というコラムを書いてくれた「ほおじろえ

いいいち氏」は「百匹目の猿現象」の科学的根拠となったシェルドレイク仮説を船井幸雄さんに

紹介した人で、パートナーさんのよると、シェルドレイククリシュナムルティとも何度か対談して

いるそうです。(パートナーさんはインドにいた時クリシュナムルティの講演の追っかけを

していました)

 私は、クリシュナムルティの教えが大好きなので、ほおじろえいいちさんのコラムに惹かれた

のは必然だった!!と一人納得したのです。

なぜ、そこに惹かれていくのか・・・・道筋が見えて来た。  

「世界平和へと・・・今自分が出来る事」

 今朝きまった嬉しいお知らせ。

3月20日春分の日、イヴァ・ケリィさんで 『キャンドル・ナイト』 やります。

詳細が決まったらお知らせします~!

スポンサーサイト


02/20. 11:59 [ 未分類 ] CM2. TB0 . TOP ▲
  
コメント
冥王星
MOKOさんと初めて出会ったのは、
「原発震災」と浜岡原発運転停止のための講演会でしたね!
やっぱ、偶然じゃなくて、なんか仕組まれていたような出来すぎのシチュエイションじゃないですか!!!!
やっぱ、ストップ・ザ・原発だなぁ!

3月20日、楽しみで―す!
---------- MOANA. URL│02/20. 15:39 [ 編集 ] -----

MOKOさん、私は山羊座ですよーーー^^v
3/20ですね!!
行ける様に、努力してみます!!
---------- Yumi. URL│02/22. 21:44 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://wagen.blog86.fc2.com/tb.php/70-835d2d01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)